たまプラーザ あざみ野の女性専用プライベートエステ

Personal Beauty Estheticd KO'aコア

~?身・ダイエット・エイジングケア~

完全予約制

045-777-8997
お問い合わせ・ご予約

「にんにく」紀元前から注目のスーパー食材!美容・エイジングにも!地元産、希少の生にんにくが今だけー!2016.05.27

乾燥前の生にんにく(横浜・地元産!)

収穫時の「今だけ」!

しかも市場には殆ど出回らないとされる、貴重な「生もの」!

IMG_0098

 

たまプラーザのJAさんに今!行けばあります。

 

にんにくのあの、パワフルな匂い成分は、タマネギにも含まれるアリシン(硫黄化合物)によるものです。

 

匂いは、切る刻む、潰す、すりおろすことで発生します。

これは細胞がこわれることでアリシンが空気中に解き放たれる(揮発する)から。

 

この匂いが調理されると、素晴らしく食欲をそそられる香りになって、にんにくは大好き~♪というかた多いですね。

だけど女子はやっぱり時と場所を選ばないと、周辺のかたに引かれてしまいますから、そこだけが残念‥(T-T)

 

新鮮生にんにくはそのまま揚げるのが最高ですね~きっと♪

 

 

アリシンは国産の生にんにくのほうが多い?!‥さて、その成分作用とは?!

この強力な匂い成分のアリシンには、細胞の老化・劣化を防ぐ強力な抗酸化作用があります。

輸入より国産のほうがたくさん含まれているそうです。

また、アリシンは「美肌ビタミン」ともいわれるビタミンB1の吸収を高める働きがあるので、多く含む食材と一緒に摂るのがおススメ!

cns0011-039

 

例えば豚肉とは相性ぴったり♪炒めてよし、ギョーザもいいですね☆

 

油と結合するとアホエン‥ちょっと頼りなく聞こえる名前ですが‥という成分(アリシンと同じく硫黄化合物)に変身。このアホエンが血栓の予防・改善する作用があると云われています。

 

アリシンは生の状態が一番多いのですが、生をそのまま食すのは、匂いのモンダイ意外にも幾つかの注意点があります!

 

生にんにくは元気な時だけ、多くても3~4個まで!

これだけパワフルな食材です。

生が一番良いことも当然です。

強い食材だからゆえ「加減」が必要です。

 

 

生にんにくは酵素の働きを非常に活発化させ、度を越えて摂りすぎてしまうと胃腸など消化器系内臓を荒らしてしまいます。具体的には胃もたれやお腹にガスが溜まったような膨満感、下痢とか、肝臓の働きを弱らせたりします。

 

紀元前1500年ころの古代エジプトの時代から

「滋養強壮」=疲労回復、免疫力向上のための、民間療法に用いれられてきたという伝え聞きから、

何となく元気がない時にこそ摂りいるべき?と思ってしまいがちですが、

生にんにくは刺激が強すぎるので、胃腸が荒れる、血圧が上がるなどの副作用もあげられています。

 

適量なら妙薬であっても、過剰に食べれば副作用も強く出ることでしょう。

だから、にんにくの生食は、カラダが弱っている時はNG。

胃腸が元気イコール、元気なときが良いです。

 

加熱でアリシンは1/3程度失われるといいますが、もとがそれだけパワフルならば、生食をせずとも油を使い、加熱調理したことでカラダへの負担が弱まり、有効な栄養素との結合で吸収が高まるならば、ワタシは迷わずそっち取ります(^^)

 

最後に筆者おススメの自然療法・。*「はちみつガーリックシロップ」

咳、のどの痛みなど風邪の症状があるときにはこれ!

「はちみつガーリックシロップ」のつくりかた

IMG_0170 IMG_0174蜂蜜とにんにく、これが意外と相性がよくて美味しいです♪

にんにくを薄くスライスし、

その上に蜂蜜を垂らして2~3時間置き、蜂蜜ににんにくのエキスが染み出したところを、

スプーンですくって1日に数回食べると良いでしょう・。*

蜂蜜はとくにこれが良いということはありませんが、筆者は天然の抗生物質といわれるマヌカハニーが気に入っています☆

 

 

 

 

たまプラーザ・あざみ野エステ

エイジングケア・ダイエット

Personal Beauty Esthetics KO’a(コア)

関連記事:

DSC_1512 (360x640)血糖値を上げない(低GI)! 太らない! ココナッツパームシュガーがけ♪美味しいカカオニブ!!

fd400694糖質、脂質の吸収を抑えてくれる!知らないと損です!「食物繊維」のお話☆

fd401523「炭水化物」食べても太らない人の秘密

fot0001-001甘く見ちゃダメ★「むくみ」と「甘いお菓子」のカンケイ

P1060329 (640x480)カリウムが多い飲み物ランキング!

P1070044 (640x480)ダイエットに必修!カリウム、ビタミンB2が多い【四季の旬野菜ベスト5】

P1030558  ダイエット、アンチエイジングに欠かせない「腸内細菌」「ミネラル」食材3選

タケノコの煮物「肥満」「便秘」「肌荒れ」予防と解消に!『タケノコ』

ジンジャーエール材料夏太り&夏バテNO!「美しく元気に」夏を過ごす☆美味しく胃腸をケアする3つのレシピ

P1030305 (640x480)夏から秋にかけて太りやすいかた必見!夏の終わりのカラダ想い食材はこれ!

モンテセラピー腎ゆ  重だるい「むくみ改善」「糖質代謝アップ」には「背中のケア」を

P1070392 (480x640)「冷え」注意!むくみ,便秘,生理不順…パソコン、スマホに長時間向かう方必見☆かんたん改善セルフケア

やじるし東洋医学でみる「糖質代謝」と「梅雨時のむくみ」のカンケイ

IMG_0014 たった今からすぐ出来る!むくみの改善法・。*。・

・51痩せたい方、代謝を上げたい方は必見!!!ポイントは「腕」「肩甲骨」「背中」に在り!!

P1060495 (640x480)「背中乗っかり肉」&「二の腕の振りそで肉」その原因と対策

These Jeans Don't Fit Anymore!下っ腹のお肉はなぜつくの?その原因とセルフケア-第一章-

東洋医学体質分類2≪体重の増加≫東洋医学でみるタイプ別の特徴をまとめました☆